Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着衣 エロ画像 タンクトップ

着衣のエロ画像というとタンクトップとかの巨乳系というイメージがあるけども。


実はタンクトップとかそんなになかったりするんだよね。


グラビア系だと結構あるけどエロ画像はそこまでない。


まぁ色々見えない画像でもエロ画像だって言われればそれまでなんだけどね。


そもそも着衣は見えないエロさっていうのがあるし、そういう人も多いかもしれない。


というかタンクトップだけが着衣じゃないぜって話もあるし。


別に見えなくてもエロいっていうのが着衣画像のいいところだからね。


だからといって常に見えてないのも興奮しないというか、飽きる。


その辺がまだまだなんだろうなという気もするけど、欲望には忠実に生きてるから仕方ない。


むしろその先を感じさせるから着衣でもエロいんじゃないかと思うし。


という着衣エロ画像に関するうんちくという。

着衣 エロ画像 格好

格好によっては単なる着衣でもエロ画像になるのが着衣フェチの凄いところ。


で結局のところ単なる着衣でいいなら街中でもいいわけで。


とか言ってるとアクティブな着衣オタクのできあがり。


実際のところ自分も一日中繁華街のカフェで外を眺めてたことがある。


傍から見ると十二分に怪しいというか不安になる感じかもしれないけど・・・。


流石にお昼たべて夕飯も同じ店でというのはやりすぎたかもしれない。


お店にとっては変だけど優良顧客といったところか。


まぁそれはやり過ぎなんだけど、自分好みの格好してる人ってドキドキするよね。


特に都心部の繁華街なんかはそういう人を見つける確率も高いし。


ただ外に出ることはできてもナンパまでは難しいな。


難しいというか単にチキンなだけなんですけども。

着衣 エロ画像 厳選

着衣エロ画像のいいところって膨大な着衣画像から好きなものを厳選できるところも大きいと思う。


一般的にエロ画像と思われなくても自分からしたらエロ画像なんてことも結構あるし。


それだけに対象が多すぎるっていう話もあるけど好みを厳選したらそれしか見ないでしょ。


だから絞りこめる候補が多いっていうのはいいことだと思う。


もちろん着衣だったら何でもエロ画像って訳でもないけどね。


自分が好きな服とかコスプレの人じゃないと厳選する意味がないし。


なにより単に服着てればエロいなんて思う人は着衣好きでもなかなかいない。


というかそういう人が仮にいたら日常生活に困る。


だって街中でみんな裸で歩いてるようなもんでしょ、その人からしたら。


天国かもしれないけど、ある意味大変な気がするし・・・。

着衣 エロ画像 私服姿

着衣はエロ画像って括りよりも私服姿が既にエロいって境地に至ると日常が凄い幸せになる。


エロを感じられる方はたまったものじゃないだろうけど性癖とは己のエゴなのだ。


というかあからさまに見たりする訳じゃないから許して欲しい。


こっちもひっそりと自分の趣味を楽しみたいのだ。


でも最近見ただけでアウトとかいう人もいるから色々アレだよね。


ってかよくそれで外出れるなって気もするけど。


なんか愚痴っぽくなってるな。


元より着衣のエロ画像で一般の目から見てもエロ画像って判断できるのは初心者向けだと思ってる。


着衣巨乳とかコスプレとかはもう分かりやすいくらいにエロ画像だし。


でもその先に自分の好きな私服姿で興奮するっていう境地があることを忘れてはいけない。


もはやその時点でよほどのことが無い限りエロ画像とか要らなくなるし。

着衣 エロ画像 目覚

着衣のエロ画像に目覚めるきっかけというのは人それぞれだけど、やっぱり巨乳ニットが大多数なんだろうか。


あ、タイトスカートとかニーハイとかも多そうだし、パンスト好きってのもいるか。


結局のところ目覚める時は自分の好きな着衣で覚醒するっていう感じなんだろうね。


だからどうしたって話だけど、エロ画像を集めようとすると何でこんなマイナーな性癖に目覚めたんだろうって考える時がある。


もちろん着衣がマイナーじゃなくて、着衣の中でもどういう服装が好きかっていうこと。


とある人はクノイチが大好きっていう、まぁコレはコスプレ好きに近いかもしれないけど着衣は着衣だよね。


本当に何でこんなのに目覚めたって話だよね。


でも実際にいるからしゃーないというか、もはや今となってはクノイチというか対魔忍ってジャンルもできちゃったからね。


昔と比べたらだいぶメジャージャンルに上り詰めているかもしれないね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。